BUGY CRAXONE

THeme of the Month

開戦前夜002について

鈴木由紀子

あー、終わったね。
あたしは自分の人生の一秒一秒を余すことなく過ごしたよ。
やっぱ、バンドが好きなんだわ。
音楽だけじゃなく、それを取り巻くすべてが好きなんだって改めて思った。
今回は特に友達であり大好きなバンドthe blondie plastic wagonと一緒だったり、Tシャツやジャケットのデザインを手伝ってくれた早坂君や、HPを作ってくれたねぎことかとご飯食べながら色んな物を作っていけたのが、これまた最高に楽しかった。
やっぱ、自分の好きなことに囲まれていられるのはいいね。

なんにしても、これからだと思ってる。
会場に来てくれた人、近くに行けなくってライブに来られないにも関わらず
応援してくれた人、どうもありがとね。
まだまだ、やるよ。

旭 司

ツアー終了して素直な感想、ホンットーに楽しくて楽しくてヤバかったねー。
ツアーのほとんどの場所を俺の大好きなブロンディプラスティックワゴンと回ってきて、毎回ライブはそりゃあもう祭りだったよ!うん、祭りだったね。
今回は地元のライブハウスとかも行ってきたし、メンバーの親とかにも会えたんだよね。ブロンディ達も一緒に笈川家に泊まらせてもらったりしてさ、いっぱいごちそうが出てきて夢見心地で過ごさせてもらっちゃった。あんなに優しい家族にかこまれて、なんて暖かい家庭で育ったんでしょって思っちゃったよ。
オイラのカアチャンも旭川のライブに来たんだけど、一人で段ボールにビール詰めて持って現れてメンバーでもない知らない人に、「いつもお世話になっております。旭司の母です。」って渡そうとしてたり、他のバンドの人に「いやー顔変わっちゃってて全然気付かなかったー」とか言っても会ったこと無いんだから相手も困って苦笑いだって。息子は恥ずかしいよ…。
まぁ色々とあったんだけど、とにかくめちゃめちゃ楽しかったってことで…。

三木 宏士

なんて余裕の無いツアーだったのだろう、今回。ちなみに行程の問題じゃないぜ、内容の事ね。
いや余裕もペース配分もむしろ自ら設定すればいい事なんだが、なにせ俺達どんなロードも短距離みたいに走りたがるからな(苦笑)。
スポーツか?俺ら?!いやそんなロケンローも万歳だ。
どこでこの俺達のエンジンがコタるかなんて分からねえからさ、今この場所で全力で行くしかないべ!なぁ!

また一緒に走りに行かないか?全力疾走でな(笑)。サンキューロッカーズ!

 archives

UPDATE

ATTENTION

★ いいかげんなTV (20.07.29 up)
♯216『サッポロ・プリティ』

わたしは怒っている - Music Video

ふぁいとSONG - Music Video

20周年特設ページ

TOP PAGE